自営業の始め方はどうすればよいか

まず自分の業種について良く知りましょう

自営業の始め方を考える、という事は既に何かをしようと考えておられる方ですね。自営業と言っても種々様々です。まず大事なのは自分がどの様な業種で自営業を始めようと思っているのかということです。なぜならば各業種によって準備することが変わってくるからです。まず飲食業であれば、保健所の許可が必ず必要となります。食べ物を製造する場合も同様です。他にも許可が必要な業種がありますので、まずその確認をしてください。変わったところでは、リサイクルショップ等をはじめようとする場合には、古物商の許可が必要となり警察への届出が必要となります。次に税務署への届出と県(市)への届出が必要となります。一般的に個人の場合ですと開業届及び青色申告届を提出します。

実際に自営業を始める際の心構え

前項でご説明した許可等の準備が整えば、いつでも開業はできます。しかしながら、自営業の始め方という内容からすれば最低限の準備となります。実際に始めるに当たっては資金の準備等も大切となります。この資金準備と事前の計画が本当に大切かと思いますので記載させていただきます。まず、資金ですが開業の内装工事等で必要となる3分の1はご自分で準備してください。金融機関から資金繰りする際にはこの自己資金がやる気とみなされます。もし今の持ち金が無ければ、最初の段階でも結構ですのでお身内の方にお借りする等の努力も必要と思います。資金繰りの準備と共に、開業までの事業化スケジュール、何をいつ揃える必要があるか等をまとめてください。これに沿って行動すれば無事開業出来るかと思います。

© Copyright Do It Yourself. All Rights Reserved.